エコアス馬路村ブログ

エコアス馬路村ブログ > News > 伐った分だけ必ず植える2017

News, 森のこと

伐った分だけ必ず植える2017

国内有数の木材産地である馬路村。

古くは、太閤:豊臣秀吉の時代、土佐藩主:長宗我部元親が、魚梁瀬杉を献上したことに始まります。

A-2魚梁瀬署 伐木(栃谷)3

その後も、魚梁瀬杉を伐り出し(当時は皆伐が主流)、村は発展していきましたが、
伐って終わりではなく、資源が森が循環できるように
「伐った分だけ必ず植える」
という理念の基、伐採後の山に新しい苗木を植えてきました。

 

CIMG3566

 

今年も、伐採された山に、スギの苗木を植林しています。

今年は、「コンテナ苗」と言われる、根と土が一体になったタイプの苗木を植えています。

CIMG3570

一般的な裸苗と比べて、コストは2倍程度高くなりますが、
活着率が高く、山の土質差に左右されないメリットがあり、再造林の負担も減るようです。

CIMG3567

CIMG3568

 

 

シカなどの獣害や地球環境の変化で、森を取り巻く環境は変わっています。

森を守り育て、生命を育みながら資源として活用する。

「どうすれば森が循環できるのか。」

先代たちが同じように悩み、築き上げてきた森を技術を継承していかなくてはいけません。

a-5%e9%ad%9a%e6%a2%81%e7%80%ac%e7%bd%b2%e5%ae%9d%e8%94%b5%e5%b1%b11

  • facebook

Information

ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください

株式会社エコアス馬路村
〒781-6201
高知県安芸郡馬路村馬路1464-3
土日、勤労感謝の日、年末年始はお受けしておりません。
FAX
0887-42-1911
メール
umajimura@ecoasu.co.jp

FAX、メールは24時間お受けしております。

定休日のご案内